矯正装置の紹介|広島市で歯列矯正なら、JR広島駅近くにある『タマガワ矯正歯科クリニック』にお任せください。

0822618282
ご予約・お問い合わせ

矯正装置の紹介

患者様のお悩みに合わせた矯正装置を提案しています

  • 口元を引っ込めたい
  • 上の前歯が出ているので口が閉じにくい
  • 歯並びが悪くて歯を出して笑えない
  • 咬み合わせを治したい
  • 歯並びがガタガタして歯磨きがしにくい。むし歯になりやすい
  • 奥歯や前歯で咬みにくい
  • むし歯の治療をきっかけに歯並びや咬み合わせを治そうと思う
  • 発音がしづらい気がする。または、他人から話が聞き取りにくいと言われる

ワイヤーやブラケットが見えづらい矯正装置
(舌側ブラケット・リンガルブラケット)

STbブラケットは、日本人のDr.Takemotoとイタリア人のDr.Scuzzoが開発したリンガルブラケット(歯の裏側に取り付けるブラケット装置)です。特徴としては、装置を薄くして従来の装置よりも舌感をよくしていることや、装置の幅を狭くしていることで歯の移動効率を高めるように設計されているなどが挙げられます。

口腔内での違和感が少ないので、装着時に感じる話しづらさが早く解消します。また、鋳造精度が高いので、歯並びのコントロールを正確に行うことが可能であると報告されています。
また、歯の内側にブラケットを装着することで、歯の表にむし歯ができないことと、唾液が多く内面に装着する装置はむし歯ができにくいという傾向が見られます。ただし口腔清掃をおこたることはできません。

こんな理由で、矯正をあきらめてませんか?

  • 矯正していることを気付かれたくない
  • 人前に出る機会が多いので表につけたくない
  • 金属アレルギーがある
  • 口呼吸でよく口内炎ができる

当院で主に使っているSTbブラケットの特長

  1. 装置が小さいため、歯の移動が早いと考えられる
  2. 装置が小さいため、慣れやすく他の装置よりしゃべりづらくない
  3. 装置の鋳造精度が高いため、歯のコントロールが行いやすい
  4. 装置が小さくなるほど、治療中装置が取れにくい。ただし、固いものを咬むと取れることがある。

ワイヤーやブラケットが見えづらい歯列矯正装置(リンガルブラケットを用いた全顎の歯列矯正)の特徴およびメリット

  • 歯の裏に装置(ブラケット)をつけるので、他人からはほぼ見えず、矯正装置を装着していることがわかりにくいです
  • マウスピース型の装置との大きな違いの1つに、いちいち取り外しを行う面倒がないことが挙げられます
  • マウスピース型装置と違い、歯の移動に関して治療上の限界がほとんどないことです。マウスピース型装置は軽度から中軽度の不正に対してしか治療できません
  • マウスピース型装置は、治療結果が患者様の協力にほとんど依存します
  • 舌側装置は、治療結果をかなりの信頼度で予測できます。これがマウス型装置との大きな違いであり、従来からある法則の装置同様に信頼できるのです
  • 内側にブラケットを装着するため、歯の表面にむし歯ができません。歯の内側は多くの唾液と触れるので、むし歯ができにくいと言われています。ただし口腔内清掃を怠ってはいけません

ワイヤーやブラケットが見えづらい歯列矯正装置(リンガルブラケットを用いた全顎の歯列矯正)のデメリット

  • 発音するときに違和感を持つケースがある
  • 歯磨きのコツをつかむまで少し時間がかかる
  • 歯磨きに時間がかかる
  • 費用が高め
  • 治療時間が他の装置に比べて長くかかる
  • 治療期間も他の治療よりも長くかかること(早く終わることもあります)

ワイヤーやブラケットが目立ちにくい白いブラケット

当院の表側装置は、審美性に優れたセラミックブラケットや、ポリカーボネートブラケットを使用しています。
ポリカーボネートブラケットは、装置自体の耐久性は金属やセラミックに劣りますが、歯質よりも柔らかいため歯との接触や装置の着脱時には歯に優しい装置です。
歯のコントロール性能は、従来のメタルブラケットとほとんど変わりません。

ワイヤーやブラケットが目立ちにくい白いブラケットのメリット・デメリット

メリット

  • 表の装置でも、当クリニックの白い装置はほとんど目立ちません
  • ポピュラーな装置なので治療結果は舌側装置と同じく安定しています
  • マウスピースよりは歯磨きに時間がかかりますが、磨きやすいです
  • 当院ではメタルブラケットは使用していません。全て白いブラケットです

デメリット

  • メタルブラケットは見た目が悪い
  • 歯と矯正装置の間に食べ物が挟まる
  • 矯正装置をつけると、歯磨きの時間を長く・回数を多く行う必要があります
  • 歯磨き不正や糖類を多くとるとむし歯になります。歯磨き不正では歯の表面のむし歯リスクがあります

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置とは、およそ1~2週間に1度、少しずつ形状を変化させたマウスピースと交換していくことで、徐々に歯を動かす治療法です。装置に透明感があるため、目立ちにくいです。
歯に固定するワイヤーを使わずに治療できるので、ブラケットの厚みの不快感がないのが特徴ですが、慣れるまで少ししゃべりづらいことと唾が出やすいです。
また、食事や歯磨きの際には取り外しが可能なため、お口のケアーを行いやすいというメリットがあります。金属アレルギーの方でも問題ありません。
一方、長時間使用(1日20時間以上)していなければなりませんので、患者様の協力度が治療結果に大きく関係します。
治療期間は、従来の矯正装置と基本的には変わりないようですが、不正度の大きい方には向いていません。矯正歯科治療を専門に行う歯科医師にご相談ください。

こんな理由で、矯正をあきらめてませんか?

  • 矯正していることを気づかれたくない
  • 金属アレルギー
  • よく口内炎ができる

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置のメリット・デメリット

メリット

  • 見えにくい・目立ちにくい
  • 取り外して歯磨きができる
  • 非抜歯や軽度の不正に向いている
  • 食事の時に取り外せる

デメリット

  • 中軽度~重度の症例は治療に向いていない
  • 治療結果の予測性が低い
  • 装置をなくすことがある
  • 装置の手入れが必要

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療を使うことにより、今までの矯正治療では難しかった歯の移動が可能になります。さらに、今まで抜歯治療でよく使われていたヘッドギアとよばれる装置は、この歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療により、使う必要がなくなり、治療のわずらわしさがかなり軽減されるようです。
この装置は、治療目的を遂げた後で取りはずします。植え込みや除去に伴う痛みはほとんどありません。
当院では、必要に応じて「見えにくい矯正装置」や「白い目立ちにくい装置」にこの装置を併用することにより、治療効果を高めるよう努めています。

こんな理由で、矯正をあきらめてませんか?

  • 矯正治療をなるべく早く終わらせたい(条件あり)
  • 抜歯をしたくないとき(不正度の大きいときは適応不能)
  • 口元や歯並びを美しくしたい
  • 自分で補助装置を付けるのが面倒

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療のメリット・デメリット

メリット

  • 治療が短期間で終わる可能性がある
  • ヘッドギアなどの目立つ装置の使用を避けられる
  • 従来できなかった歯の移動が可能になることがある

デメリット

  • 抜けることがある(再処置が必要)
  • アンカーの埋入手術が必要(小手術の程度です)
  • 低年齢では骨が柔らかいため適応とならない

ページトップへ戻る