症例紹介|広島市で歯列矯正なら、JR広島駅近くにある『タマガワ矯正歯科クリニック』にお任せください。

0822618282
ご予約・お問い合わせ

症例紹介

前歯の突出傾向と歯のガタガタ  かみわせが深い

症状 AngleⅠ級・叢生と犬歯の突出並びに右側奥歯のクロスバイト
治療法 リンガルブラケット症例(見えない矯正装置)
治療時のリスク 備考欄に記載
費用 118万円(税込129.8万円)
年齢 28歳 女性
使用装置 上下リンガルブラケット装置 ・ アンカースクリューによる上下前歯の後方移動
通院回数(治療期間) 2年8ヶ月 33回来院
抜歯また非抜歯(部位) 上下左右第一小臼歯抜歯と上顎右側第二大臼歯
備考 ①歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。また、途中で顎関節に問題の生じた場合も治療期間が長期化する事があります。
②上顎前突を治す時の歯の移動により、歯根が吸収して短くなることがあります。
③治療終了後も加齢や歯周病、悪習癖や親知らず等、様々な要因により少しずつ歯並びは変化します。装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
④ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

症例の詳細を見に行く

ページトップへ戻る